HDMIの規格と種類

HDMIの規格と種類

どうもじんでんです。今回はHDMIの規格と種類について記事にしました。HDMI切替器を購入するにあたり調べたものをまとめました。

HDMIとは?

HDMIとは映像と音声を一本のケーブルで転送できる規格です。HDMIは「High‐Definition Multimedia Interface」の略称です。

現在はテレビなどのAV機器の標準的で、最も普及している規格と言っていいでしょう。テレビ、ゲーム機、カメラ、パソコンなど多くの機器で採用されています。

端子の種類

ひと口にHDMIと言っても、端子にはいくつかの種類があります。当然端子が違えば挿すことはできません。しかしながら規格自体は同じなので変換アダプタなどがあり、それらを使用すれば接続できます。

タイプA

標準の端子でHDMIと言えばこれです。テレビやゲーム機やパソコンなど多くの機器に採用されています。

タイプB

HDMIが誕生した頃に、より大容量のデータ転送を実現する為に作られた端子です。現在はタイプAでも転送できるようになったので、使用されていません。

タイプC

通称ミニHDMIと呼ばれる端子です。ビデオカメラなどに採用されている事が多いです。

タイプD

通称マイクロHDMIと呼ばれる端子です。カメラやスマートフォンなどの小型の機器に採用される事が多いです。

タイプE

自動車用に作られた端子です。振動などで抜けないように、ラッチ構造が採用されています。

バージョンの種類

HDMIにはバージョンと言うものが存在し、これまで幾度となくバージョンアップしてきました。バージョンが異なっても、端子自体は同じなので問題無く接続できます。しかし「映像出力機器」〜「ケーブル」〜「映像入力機器」の中でバージョンが混在すると、一番低いバージョンに全体が制限されます。例えば「4Kに対応したパソコン」の映像を「4Kに対応したモニター」に映す時に、ケーブルのバージョンが4Kに対応していないと映像は4Kで映されません。

4Kをフル活用したいなら、バージョン2.0以上のプレミアムハイスピードHDMIケーブルを使用しましょう。

バージョン1.2以前

「スタンダードHDMIケーブル」に分類されます。

バージョン1.3〜1.4

「ハイスピードHDMIケーブル」に分類されます。3D映像に対応しました。

バージョン2.0

「プレミアムハイスピードHDMIケーブル」に分類されます。4K映像とHDRに対応しました。

バージョン2.1

「ウルトラハイスピードHDMIケーブル」に分類されます。8K映像に対応しました。

まとめ

  • 端子の種類がいくつかある
  • バージョンによって3Dや4Kなど対応するものが異なる
  • バージョンは混在すると一番低いものに制限される

HDMIには端子の種類やバージョンの違いなど、同じHDMIでも種類が多くあります。ただ映像が映せればいいならどれでも良いですが、4Kを楽しみたいとかこだわるならキチンと調べて選びましょう。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

その他カテゴリの最新記事